カラダBODY

足のむくみの解消法7つの短時間テクニック!!

time 2018年10月05日

足のむくみの解消法7つの短時間テクニック!!

足がむくみ出す理由はいったい


女性の悩みでいくつかむくみ場所はあります。
身体の中でも、特にむくみを感じやすいと声が多いのが足でしょう。

なぜかは、心臓から遠い位置にある事、重力で身体の水分が溜まってしまいやすいことがその原因です。

生理が原因なのも大きいと言われています。

生理が近づいてくると女性の人は女性ホルモンが活発に分泌されるようになり、女性ホルモンが増加すると体内に水分を蓄えようとする作用がある為。
体重が急に増えていたりする原因はこの作用があるからです。

予定日をチェックしてみて。
生理予定の数日前であればその可能性があり、むくんでいることも多いようです。

ただし水分は正しく摂取しましょう。生理痛の緩和にもなり、冷たい水は良くないとされています。ぬるま湯または白湯が良いでしょう。

生理前のむくみは自然現象ですし、ホルモン的にも健康ということですので、良しとしましょう。それ以外で適度な運動やストレッチ、食事などを気を付ければ大丈夫です。

☆女性に多いのがブーツの蒸れによるむくみ


足のむくみの中でかなり多いのが、ブーツを長時間着用していたことによるむくみです。女性であれば、ブーツを履くという機会もたくさんありますし、そのことが原因で足のむくみが悪化したというケースも珍しくはないでしょう。

足は元々汗もかきやすく、外出中はほとんどが靴を履いていて、肌が外にでない状態に長い時間あります。

靴下やストッキングを履いていれば、足を布でつつんでいるので必然的に汗をかいてしまします。すると、匂いも気になり中々脱げない状況になり長時間締め付けられて圧迫もされているでしょう。

対策
綿やシルク、ウール素材は汗も吸収してくれて、汗もかきにくくなり匂いも気にならなければたまに脱ぐこともできます。

☆職場などではスリッパにするなどもおすすめです☆
ブーツを長い時間履いているとどうしても蒸れが発生しますし、足に負担がかかるという湿度も高くなり締め付けが強いと血流にも影響があるためムレやすくなります。
なので、足のむくみが気になっている方であれば、むくみが強い日はブーツを着用するのを控えたり、定期的にブーツを脱いで足を拭くなどのケアをしましょう。

☆不摂生な生活を続けているとむくみが酷くなることも


足のむくみで悩む人が多いのが生活習慣の乱れです。毎晩お酒を飲み歩いていたり、不規則な生活で生活レベルが安定しないと、どうしてもむくみが悪化してしまうことも多々あります。

その為、アルコール量に気をつけたり、タバコを吸う女性であればなるべく本数を減らしたり、禁煙できるようにするのが良いですね。
夜更かしもかなり良くないので、むくみの原因に大きくつながります。

不摂生な生活を長く続けていれば、起きたときにすっきりとしないケースも多くあるでしょう。

そのこともあり、規則正しい生活を送れるように、自分自身を節制できるようにするのも大切なことではないでしょうか。体内バランスが乱れると身体やお肌にかなりダメージを与えてしまうので、むくみ対策をしたい方は注意が必要です。

☆運動不足による足のむくみ
運動不足になると体の循環が悪くなってしまうために、それが足のむくみに直結することもあります。運動不足によって血流が悪くなり、足のむくみが起こったという女性も大勢いらっしゃいます。

運動不足を解消するために定期的にジムに通ったり、ホットヨガなどを習って新陳代謝を良くするのも足のむくみ対策には効果的です。そして、運動不足以外にもいろんな原因があります。

女性の中には冷え性で悩んでいるという方々も非常にたくさんいますよね?
冷え性の女性だと足のむくみが悪化してしまうこともあるために、かなり注意がいるでしょう。冷え性が気になる女性は、
入念に足のマッサージやストレッチをしたり、普通の靴下ではなく5本指タイプの靴下にするなど、いろんな足のむくみ対策をするのがベストではないでしょうか。

デスクワークのように長時間座り姿勢でいると、膝の裏、わきの下、足の付け根などのリンパ腺が圧迫されています。 リンパ液は停滞している状態となる為です。

さらに(美脚から遠のいていく)という嬉しくないローテーションが起こってしまいますので気をつけましょう。

 足のむくみ解消に効く3つの方法。


先ほどあげたむくみの原因を取り除くことが重要なポイントとなります。
例えば特にむくみやすい生理前には水分摂取を少し控えめにしてみるとか、食生活で塩分を摂りすぎないようにする、栄養バランスの取れた食事を徹底するなど解消や予防のためにできることはたくさんあります。
他にも、

  1. ストレッチ
  2. 運動
  3. マッサージ

この3つを行い、生活習慣を見直すことで足のむくみを改善していきましょう。暇があれば下半身、

☆特に第2の心臓といわれるふくろはぎを鍛えマッサージすると良いでしょう。☆
簡単に出来ることや、なんだか足がむくんだり重いと感じる時には、屈伸や足首を回したり、曲げ伸ばしするだけでもふくろはぎの筋肉とつながっているので効果的です。

仕事をする時には長時間椅子に座ったまま同じ姿勢でいることを避けて、一時間に一度はデスクから離れて歩いたり軽いストレッチなどのエクササイズをしてみると血液循環が促進されるので、むくみ防止につながります。

仕事などで席を立てない時でも足首やふくろはぎを伸ばしてやるだけでも改善や予防につながります。

※むくみの要因の水分や食べ物に関して
水分に関しては長時間の同じ姿勢で仕事をするなど、動かないことで体内の血流が滞ってしまい、水分が余分に滞留してしまうことで足のむくみが起きてしまうのです。

食事で水分を摂りすぎてしまうのもむくみの原因になりやすいのです。

適度な量を摂りつつ、カリウムという水分排出を促す成分を含む食材の摂取を意識するのがおすすめです。

きゅうりやレンコン、リンゴやバナナなどが挙げられますが、むくみの解消のために利用されるサプリメントの利用も便利でしょう。毎日必要となる量を継続摂取することができます。

※ワンポイント対策
さらに冷えが気になるというかたは、座っている時にひざ掛けを利用すること、腰や足元を温める工夫をすることがポイントです。病的なものではない一時的なむくみは、原因を把握し、改善していくことで十分に解消されていきます。

むくみにくい体質に改善しよう


足に溜まってしまった水分は身体を横にすることで流れていきます。

多くの人は一晩睡眠を取ることでスッキリと感じるでしょう。しかし、水分が溜まりやすい体質を解消しない限り、むくみを繰り返してしまいます。

同じ女性でも足がむくみやすい人とそうでない人がいます
人の体質にも大きく関係してくきます。
むくみやすい体質の人は同じような生活をしていても簡単に下半身のむくみが出てきてしまいます。

むくみにくい人は、どんなことをしていてもむくみの悩みが少ないということもあります。

まずは自分がむくみやすい体質かどうかをしっかり見極めた上で、むくみ対策をしっかりと講じた方が良いですね。

足がむくんでしまいやすい人は、まず足の筋力の低下が要因になっていると考えられます。先ほどお伝えしたふくらはぎの筋肉は第二の心臓といわれているほど下半身には重要なものです。

足の血液や水分を心臓や腎臓まで押し上げるために重要な部位です。
通常であれば足に溜まった水分はこの筋肉によって循環されますが、働きが弱まってしまうとどんどん水分が溜まっていきむくみの症状となって表れます。

女性のほうがむくみに悩まされやすいのは、男性と比較して筋肉量が少なく、このポンプ作用が弱いからというのがその理由です。

摂取する水分量が多く、腎臓で処理をしきれずに尿として排出されない場合にも、残った水分がむくみを生じさせます。また、これも女性に多い冷え性体質の場合、血行不良を伴うむくみを起こしやすくなるので要注意です。

そのためにはまずは正しい食生活、適度な運動、精神面の健康などについてバランスの良い生活を送ることが最重要ポイントとなることを常に念頭に置いて足のむくみ対策に取り組むようにしたいですね。

今は、むくみにくくても将来すこしはむくむようになるかもしれませんので、対策をおこなっておきましょう。

30秒でできる「足のむくみ解消ストレッチ」


足のむくみを解消するふくらはぎ30秒体操 神戸三宮のひふみ整体 – YouTube

日常で出来る簡単むくみ予防法


 ・意識して反対の脚を組むことによってむくみ予防に効果あり!

・足首から心臓に向かってふくらはぎを中心にマッサージ。

同じ姿勢にならないよう足を伸ばしたり回したりするとむくみ軽減!

足を細くするために最も必要なことは、

「むくみを取ること」と「セルライトを取ること」
体重を落とすこと、足を細くすることは別物です!

自宅でできる「セルフケア」↓
是非動画を見ながらやってみましょう!気持ちいいですよ。

《セルフケア》足のむくみを解消するセルフケア – YouTube

次はオススメむくみ対策グッズ!!
現在は楽天で販売しています。無くなる事もあるので興味のある方は早めに。

【Qtto】


 夏用、冬用などがあり、用途によって使い分けができます!

足の指に付けるだけで、広げてくれるので気持ちいいですし、むくみの予防にもなります。
夏用は通気性の良い素材でできていますし、冬は暖かく保温性にも優れています。

現在楽天では1200円程度で販売しています。(品切れの場合は販売していません)

【ムクミキュア】


普通の靴下と違い、持ち上げてくれるような心地よさがあります。
仕事中に履いていてもバレにくいですし、この心地よさは履いてみた人にしかわかりません。

試してみる価値ありですね♪♪

リンパの流れを意識することにより、足のむくみがなくなり足が細くなるというので一石二鳥です!
気づいたら同じ姿勢でいることが多かったりします。

むくみが気になる方は毎日少しだけでもこの記事のことを思い出していただけたら幸いです!

足のむくみ対策まとめ

1.日常での姿勢や足の組み方を気にして片方だけにかたよらないようにする。
2.簡単な屈伸や、足首のまげのばしでふくろはぎや足の体操やマッサージをしましょう。
3.グッズなどでも予防や改善もできるので使用してみましょう。

女性にとってむくみはなくしたいですね。
出来るだけマッサージや予防グッズでむくみを解消していきましょう。

足のむくみの原因


女性は男性と比較してもむくみが起きやすい体質の人が多いようです。むくみと一言で言っても、顔のむくみや下半身のむくみなど様々な体のパーツに起こります。

特に下半身のむくみが一番顕著でわかりやすく、また多くの女性の悩みとなっていることが多いようです。ここでは、女性の大敵の足のむくみの原因や予防方法についてまとめています。

あなたもパソコンやスマホを扱う機会も多く、長い時間を座り姿勢による生活を送っています。
その為になるむくみ、また生理による「足のむくみ」とサヨナラしましょう!

座り姿勢などにより引き起こされやすい「むくみ」について解説していきます。

「座りすぎてむくんでいる」なんてよく聞きますが。

そもそも、なぜ座っているだけで足がむくんでしまうのでしょうか?
むくみが起こる原因ですので、今後少しでもむくみを引き起こさないようにするためにも覚えなくていいので
知っておきましょう。
≪むくみ≫
むくみは「リンパの流れの悪さや静脈の血流が滞り」から引き起こされます。
ネットワークのように体の中に張り巡らされていて、
リンパ管のなかを流れているものを「リンパ液」と呼びます。
リンパ管の中継点のような場所の「リンパ腺」は約600~700ケ所あります。

  1. リンパ管
  2. リンパ液
  3. リンパ腺

一般的にこの3つをリンパと呼びます。
「リンパの流れの悪さ」とはリンパ液の流れの悪さを指しているということです。

風邪をひくと首筋やのどなどのリンパ腺が腫れるのは、免疫機能が低下しているためと言えます。
むくみ(リンパ腺が腫れる)=体の免疫力が低下しているサインです。

むくみ解消予防対策のまとめ


足のむくみにはいろんな原因が。ブーツを長時間履いていたことによるもの。
不摂生な生活を続けている事は足のむくみを悪化させる。運動不足によるもの。

冷え性の女性は足のむくみが生じやすい。
これらのこともあり、足のむくみで悩んでいる女性であれば、しっかりと足のむくみ対策をしてください。

定期的に運動して、健康的な生活を送りなるべくストレスを除去できるようにしましょう。ブーツは足にあまり良くないため、職場などではサンダルを履いたりして、足のケアをするのも大切です。