カラダBODY

セルライトを除去の方法はお風呂が鍵!

time 2018年10月09日

2018年10月10日 更新
セルライトを除去の方法はお風呂が鍵!

b

セルライトを自宅で自分で効率的に落とす方法。

それはお風呂です!


ボコボコしていて特にお尻や太ももにつきやすく
女性の約8割に(男性で肥満や新陳代謝が悪い人は注意)発症するという厄介な存在。

セルライトとは、脂肪×老廃物の嬉しくないコラボが固まったものになります。

自然にセルライトは消えることはほぼなく、それが原因で痩せにくい体質になってしまったり、冷え症やむくみを引き起こす原因となります(+_+)

お尻はとおこうに脂肪がたまりやすく、普段あまり使う部分ではないので筋力が弱い部分です。
リンパの流れが滞りやすくもあるので、セルライトが出来やすい部分になります。
しっかりと、対処してセルライトをツブしていきましょう。

温める意味について~セルライトを除去~


整骨院の先生がお薦めする「なかなか太ももなどのセルライトがとれないと悩んでいる方」

伝えたい事は、セルライトは脂肪×老廃物が原因だから「温めるといいよ!」とアドバイスをいただきました☆
確かに脂肪と老廃物なら温めれば溶けてなくなってくれそうな気がします。

ラードや、お肉の脂肪は冷蔵では固まっているけれど、フライパンで熱すると溶けるのと同じ原理だそうです(#^.^#)なるほど~

94edded0a19359569f07875b6f133d05_s

これで単にマッサージから始めるよりも、
温めてからリンパマッサージをしたほうがセルライト除去に効果がある事はおわかりいただけましたでしょうか。

☆お風呂タイムでリラックス☆


 お風呂でできるケアとしてオススメなのが、
バスタブに入ってしっかりと身体をあたためてからのオイルマッサージです。

360x240_photo2

個人的に、冬の季節になると、LUSHのみつばちマーチが恋しくなります☆

自分のお気入りのボディソープで素敵な香りに包まれながらゆっくりとお風呂につかれる時間で除去しましょう!!至福ですね~(*^_^*)

006edd358d2b52be2966657ade6eed98_s

マッサージオイルも多種多様にあるので色んな物を使ってみるのもオススメです。

マッサージバー動画とセルライト解消のツボ


97876f3f6cf480dc8910a6cf9e1dd5cf出典:http://asbs.jp/news.php?id=1492

マッサージバーとは、オーガニックのカカオ バターなどを固形にしたマッサージオイルです。

体温で溶けてオイルになり香りもスイーツ系や柑橘系など様々です。

身体からほのかに香るので冬の女子力UPアイテムですね☆

下記のyoutubeでむくみの解消につながるツボも教えてくれます!!

↑マッサージバーの正しい使い方について↑

マッサージで癒されながらセルライト除去☆目指せ!大人女子!(^O^)/

気になるセルライトは?


太ったかなと思ったら、脂肪が厚みを増しただけではなく皮膚の表面が凸凹しているのを見て、驚く女性も多いことでしょう。

その凸凹こそがセルライトで、
正体は肥大化してしまった皮下脂肪になります。

冷えや血行不良、運動不足などによって代謝機能が低下し、
溜まってしまった老廃物と合わさって固まってしまったもので、排除が難しいのが厄介なところです。

特に女性に多い症状だとされていますが、
これは男性と比較して脂肪がつきやすい体質であることや、筋肉量が少なく脂肪燃焼率も低いことが原因だとされいます。

軽めに筋肉に刺激を与える程度の運動はありです。
筋肉がつくと心配する女性が多くいますが、そんなに簡単には筋肉質にはならないので安心してください。

多少の筋肉は脂肪も燃焼しやすい体質になり、セルライトもつきにくくなり。

女性らしいカラダにへも効果的です。

セルライトのまとめ


早めの対策で
セルライトは小さいうちにマッサージで解すなどすれば改善されていきますが、放置しておくとどんどん肥大化していき、身体について痩せにくく変化していきます。

主なセルライトの場所
主に脂肪が柔らかい位置、筋力が弱い位置にできやすいことから特にお尻や太股、
お腹まわりを中心に発生しやすく、ダイエットをしても下半身だけが痩せないという悩みが女性に多いのもセルライトが一因です。

ただ、セルライト自体は通常の脂肪の構造と違いはないため、
固まってしまったものを柔らかくすることで取り除いていくことが可能となっています。