カラダBODY

痩せている人の7つの特徴!!ダイエット前に知っておくべきリバウンドしない方法。

time 2018年07月30日

2018年07月31日 更新
痩せている人の7つの特徴!!ダイエット前に知っておくべきリバウンドしない方法。

痩せている人が太らないようにやっている大きな7つの共通点。


キャプチャ

痩せてからはどうしたいですか?
ダイエットに成功した半年後はどんな体になっていたいでしょうか?

ダイエットをする前に何を言うのかと思うかもしれませんが。
ここを意識するかしないかで、目先のダイエットまで気軽に出来るようになります。
逆に、ここを間違えると失敗しいつも通りの変わらない3日坊主になりかねないからです。

どうしても痩せたいという気持ちが強いために、痩せるまでのことは考えているが、
痩せてからのことを考えている人が少ないのが、ダイエットに成功しないのかもしれません。ましてリバウンドはしたい人なんていないですよね。

それでは、
簡単にまとめていきますので痩せた(ダイエットが続いた人)人は何をどうしているの、痩せ続けている人は何をしているの?
何か簡単な秘訣を知っているのでしょうか?

そうです、簡単なことをしているだけなのです。
言われてみればほんの少しのことをいくつか変えるだけなのです。
どうやって、スタイルを維持しているのか。実は、ダイエットは、ダイエット前に成功するかが決まっているのです。

≪自分ができる簡単だと思うことをするだけです。≫

継続して痩せた体を手に入れやすくなるように、痩せている人達の共通秘密に迫ります。
太っていない人が日常に取り入れている継続的に痩せている体系を維持できる方法があるのでしょう。
日常では何食べて、どのタイプの飲み物で水分を補給しているのかみていきましょう。

《それぞれ7つの特徴》

飲む種類が大事に。


40864225618「痩せている人はジュースや甘い缶コーヒーを普段飲んだりしていない。」

あたりまえのことですが、太っている人やお腹が出ている人の大半はジュースをよく飲んでいます。
長年の蓄積で太りやすく、痩せにくい体質になっています。

それにジュース類は糖分ですので体の内部にもどんどん溜まっていきます。普段、外で飲み物を買うときのあなたの手にする飲み物は?ジュースや甘い缶コーヒーそれともお茶や水でしょうか。

太っていない人の大半がほとんどの割合でジュースを飲まずお茶や、紅茶、ミネラルウォーターを飲んでいます。
甘いものを適度にしていれば、だんだん体質も体調も改善していくので控えていき、体型にも身体にも良い
少しだけでも水やお茶を飲むようにしていきましょう。
慣れるとジュースが甘ったるく感じ、ジュースを飲んでいるからさらにのどが渇くことに気付くかもしれませんね。

飲みこまないで噛む意識で食べている


キャプチャ.PNG33334「良く噛んで食べる」

この言葉は、昔からよく言われる言葉ですが、言われてきたからにはそれなりの理由が有あります。
あなたは飲み込むように噛まずに食べていないでしょうか?太っていない人の大半が食べるのが遅いと言いたくなるばかりにゆっくりと時間をかけて食べています。

食べる時間が長ければ、噛む事により、体内に物質(ヒスタミン)がでてきくるし満腹感も感じるために食べる量が減っていきます。
※ヒスタミンは内臓脂肪を減少させる。(身体に影響を与え、太らないように全身を活性化させ、さらに満腹感も感じられるようにしてくれます。)

≪このヒスタミンを出すことも重要になってきます。≫

実験で、普段通りに食べてもらうのと、よく噛んで食べてもらうパターンに分けて食べた所、
普段の時よりもよく噛んで食べ多時のほうが量も減り、その量はカロリーにすると1日約400カロリーで、
平均摂取カロリーの23%もダウンになったのです。

400キロカロリー×30日で、1ヶ月で約12000キロカロリー。
体重にすると1,7kg程になります。
噛む回数を増やすだけで1ヶ月で1.7kg痩せる可能性があるということです。

実際に意識して噛んでみるとわかりますが、ポテトチップス1枚でも100回噛んでも口の中からなくなりません。
ですが、噛む回数が多いのも続かないので30回~程度の回数で。
料理にアーモンドやクルミを入れたりすれば、自然と噛む回数も増えるでしょう。

噛みごたえのある食べ物を入れるのもアリですね。
いつものプラス10回でも噛むのを増やすといいでしょう。

ゆっくり食べると、いつも以上に満腹感を得られ、さらに満腹の時間もながくなり、すぐにお腹がすくこともなくなってくるでしょう。
噛むクセがつくと意識しなくても噛んで食べるようになるので少しずつ増やしていくことをおすすめします。

そうは言ってもよく噛めるか不安という方は。
食べるサイズを小さく切って食べてみる。女性でたまにものすごくパンを小さくちぎって食べている人いませんか??
あれは理にかなっていて、ハンバーグなどを6等分にして切って食べるなら、10等分にして食べるだけでも、自然と食べる回数が増えるので試してみてください。

軽い運動でも意識してやっている


1280x1024_free-weight-exercises-fitness普段いつでも出来ることを気軽にやる。階段や、エレベーターやエスカレーター。
やせている人は、2階程度なら、階段で上がる人も多いようです。

ですが、注意しないといけないのは、ダイエット中だからと5階や6階まで階段で上がり、 数回チャレンジしてからとすぐに諦めてやめてしまう事。階段を少し多めに短期間のぼったからといって簡単には痩せません。

やせている人は、2階や3階への短い距離を、普段気が向いたときにやっている。
5階へ階段で上がる事を数回してきつくなりやめる。
2階や3階の軽い運動を気が向いた時に、続けている。どちらの人が痩せている体をしているでしょうか?
短期間だけ痩せようとするのではなく、長期的に気が向いたときにする!
これであなたも痩せているスタイルのいい人の仲間入りをしましょう!

朝と昼にたくさん食べている


ダイエットを始めたばかりの人はよく、朝食やランチを減らして夜たくさん食べていませんか?

かなりダイエットで重要な部分になりますね。朝、昼食べないようにして、我慢できずに結局夜食べて ダイエットに成功しない人が多い様です。この方法は逆に太っていきますね。

試しに
、無理して朝と、ランチをたくさん食べるように心がけてみて下さい。朝から満腹感で満たされているので、夜にはカラダがお休みモードに入っていくため、たくさん食べたいと思うことが少なくなります。
あなたの周りも痩せている人って案外朝、昼にたくさん食べてる人が多いくないですか?

そして、夜はどうしているか聞いてください。太るから食べない、または寝る前にはお腹がすかないという人が多いのです。
お腹がすいていないときは無理して食べずに、2食でもいいです。現代人は3色食べるほど体を動かしているは少なくいのです。
無理して3食とらなくてもと考えている人も多いようです。

お腹がすいていなくて、食べなければいけないとなるのは朝と昼にしましょう。夜たくさん食べるとカロリーオーバーにもなるので。
注意しましょう。
寝る前に消化させようと臓器が動くので、寝ている間は体内も休ませたいですね。

痩せている人は姿勢がいいが太っている人は猫背?


wheel-full-back-bend_slideshow_image姿勢も大きなポイントになります。猫背になっているだけで。

腹筋や背筋を使わないでいると、ポッコリお腹の原因になります。姿勢を正して歩いてみると腹筋や背筋に力が入っているのが分かります。姿勢が正しくなると呼吸も深くなりお腹の下っ腹にまで酸素がいくため、代謝が活性化し、痩せやすい体質になっていきます。

ヨガなども深い呼吸で代謝を上げるので、歩きながらヨガの一種を体感していることになります。普段歩いている時間を換算すれば、姿勢よく歩いているだけでもかなりの筋トレ、脂肪の燃焼になり。
わざわざ時間を作って筋トレをしなくてもトレーニングやダイエットになります。

我慢して痩せることを考えすぎない


Two silver tabby kittens about to eat tinned cat food from a blue bowl.気にすると食べたくなるのが食欲。

何か友達と食べに行ったり、飲みに行くときは食べたい分食べる。
お腹がすいてないときは、無理に食べずに、お米を少し抜いたりして量を減らす。

または我慢出来るときは食べないようにしているなど痩せている人はそれなりの工夫をしています。でも、我慢しないと結局食べ終わって、罪悪感におちいる人もいると思います。
そういう人は、普段や平日はよるだけ、あまり食べないように我慢して、週末や遊びに行くときはきにしないようにするなどすると、罪悪感もへり楽しく食事もできるようになるでしょう。毎日、期限なしに我慢できる人なんて少ないのでメリハリをつけたダイエット方法をこのページで身につけてください。

:食事会や飲み会時のお得なワンポイントアドバイス。
たくさん食べそうなときは、食事前の30分ぐらい前におにぎりやパン。なんでもいいので軽く食べておきます。
すると、食事のとき食べ過ぎずにすむようになります。

短期間で考えていない長期作戦


ShortTermダイエット成功者は長期で考えて→そして継続
あなたは何故やせたいのか?
冒頭でもお話ししましたが、痩せたらその後はまた戻りたいですか?食事で言えば1ヶ月間、食事を減らすのではなく
日常的に少しだけ減らす方法、また先ほどもお伝えした、平日は我慢し週末は食べてもいいというメリハリをつけて楽しむこと。

運動なら、
1ヶ月だけ、週に5回ランニングするのではなく、
1年間の間に週1回でいいので続ける。

今年の夏こそは痩せるといって何年もたつ人がたくさんいると思います。
もうこの記事を読んでいる方はお分かりですね。
短期間で痩せようとして、夏が来るまでに痩せられずに、夏が終わればまた暴飲暴食を繰り返すからでしょう。
今年の夏までにと、夏前に開始しても間に合わないし。夏だけでと思い込むからです。
例外もありますが。

そんな人はその夏が終われば確実にリバウンドです。それなら、今年の夏からは一生ナイスな体型でいようと、ゆっくり長期で考えていきましょう。

1週間で食べる量を100gだけ減らしてみる方法もある。
年間5200g=5.2kgです。
その半分以下の体重が落ちるとしても最低2kgは痩せるでしょう。
2年で4kg。

あなたはダイエットをすると決めて何年か経っているでしょう。2年はすぐにたっていると思います。今からゆっくりと長期で始めてみるのもいいかもしれません。
週に100gなんて簡単です。

ご飯1杯150gです。1週間でお茶碗1杯より少ない量減らすだけです。
お肉だと、はっきりグラムもわかるので、対処もしやすいですね。全部が比例して痩せるわけではありませんが、頑張らずに続けてやっていきましょう。そのうちに自分が波にのって楽に習慣になっていくのが分かります。

痩せている人が一緒にいる時に、直接気が付いた体験談


数人で集まっているときに気が付きました。(10代学生)

痩せている人は、あまりジュースを欲しがりませんが。
太っている人はすぐに自動販売機か、コンビニによっていることに気づきました。
そして、かなりの確率でジュースに手が伸びています笑コンビニで買い物するメンバーもかなりの確率でやせていない人でした。

食べる速度が違いすぎる(20代OL)
食事が終わり、周りをみてみると、えっまだ半分も食べてないの!?
と思うことがありました。
体格の良い私や友人はあっという間に食べてしまっている。

食べ放題のバイキングに行ったときの感想(20代飲食店)
必ずみなが思っていると思っていた、食べ放題の【元を取ってやる。】という発想。
発想自体は間違っていないが、根本的に考えを変えればいいのだとわかった。
太っている人のモトをとると、痩せている人の元をとるという考えの質が違うことに気が付いた。

全員がそうではないでしょうが、あきらかに太っているメンバーは、量で考えている。
痩せている人たちは、質を気にしているみたいで、色んな種類を食べたい気持ちが強いようだった。
あきらかに食べた後のお腹の苦しさが違う。満足そうにしている太ってない人。苦しくなるまで意地で食べている自分。ハッとしました。。。

お金を払って苦しくなってさらに太るって何を意地になって食べていたんだろうと。
お金も払っているのだから、心地よい満足感でやめようと決めました。

食べ物や頂いている生命にも悪い気がしてきました。
感謝の気持ちも出て、さらに痩せられるのなら、本当に痩せている人たちの習慣を見習おうと思います。

ダイエットせずに痩せている人の共通点のまとめ


1.飲み物を選んでいる
ジュースばかり飲まずに、水やお茶、紅茶などで糖分をあまりとらずに水分を補給している。

2.噛む回数が違う
できるだけゆっくりかむ事で消化を良くし、時間をかけて食べることにより代謝を良くし痩せやすい体質にしていく。

3.軽い運動を日常でしている。
無理して短期間で激しい運動をするのではなく、長期で体を動かしたりして運動を心がけている。

4.食べる時間を気にしている。
朝と昼にたくさん食べることにより、血糖値を急激に上げないようにし、さらに夜にお腹がすくのを防ぐ。

5.姿勢が正しい人が多い
猫背になるとどうしても腹筋と背筋が使われないために、お腹周りがたるみお腹がぽっこりの体格になりやすいし、お腹がでてみえる。
姿勢を正してお腹の出っ張りを防ぎ、腹筋と背筋を鍛えましょう。筋肉を使う事により脂肪も燃えやすくなっていきます。

6.ダイエットと考えすぎない
ダイエットと考えると、どうしても痩せないといけない、食べてはいけないとストレスになるのであまり考えすぎないようにしましょう。

7.長期目線
短期間のダイエットでやせても、短期で元に戻ってしまいます。ダイエット前の知識で一生が変わります。少しだけでいいので生活習慣を見直していきましょう。どれか、自分の生活で出来そうなことから始めてみて下さい。1つでも2つでもいいです。

やせると、気持ちの良い人生を送れます。ぜひ頑張ってみて下さい。