カラダBODY

ブラジャー~洗濯や干し方・正しい保管編~画像付

time 2018年04月20日

2018年07月26日 更新
ブラジャー~洗濯や干し方・正しい保管編~画像付

ブラジャーの整理収納術~洗濯・干し方・保管編~

今回の「からだBODY」ではブラジャーの洗い方や、干し方、保管のやり方についてまとめてみました♥

知って得するブラジャーの洗濯方法・洗い方。


ブラジャーを洗濯する際に必ず知っておきたいのが表示タグの確認です。
今お使いのブラジャーを持ってきて洗濯表示のタグを確認いたしましょう!

ダウンロード手洗いと記載のこのマークがある場合は

約30℃のぬるま湯に洗剤を入れます。
カップ内のパッドが取り外せる場合は取り外し、やさしく、ゆっくり押し洗いをし、丁寧につかみ洗いをします。
しっかりとすすいだ後は、タオルで水気をとりましょう。(またはネットに入れて洗濯機で30秒~1分くらい脱水をしましょう)
うまく洗うポイントは手洗いした後にブラを絞らないことです。強くやるとワイヤーを傷めてしまうので優しく扱うように洗いましょう。

 

picto_103_2

他の服等にひっかかる可能性が無くすため。ネット使用と記載の場合で洗濯機で洗う場合は、必ずホックを留めて洗濯ネットに入れましょう。

全自動機能がある場合はソフト洗いやランジェリーコースがオススメですね。ない場合は弱水流でもいいので5~6分程度洗いましょう。

ブラジャーの劣化を防ぎやすい干し方


何気な~く干していませんか?

劣化を防ぎやすい干し方があるのはご存知ですか(^o^)/干す前にまず、カップの形を手でととのえると仕上がりが違います。

ブラジャー 干し方

間違えている干し方、ヒモの部分が伸びやすくなってしまいます。

ブラジャー 干し方

そして、こちらも同じ理由です。また、型崩れを防ぐため
※ブラジャーのホックは留めて置くのがベスト!

ブラジャー 干し方

伸びにくいカップの下2か所を挟んで留めるか・・・

ブラジャー 干し方

半分に折ってハンガーにかけるだけでもOK。

この時、素材を傷めたり黄ばんだりする可能性があるため、直射日光は避けたいところです
干す場所は風通しのよい日陰がオススメです♪

ブラジャーの保管方法


97967_top_1 (1)

2つに折って保管すると、どうしても型崩れしやすくなりので、
ホックを留めてカップがつぶれないように重ねて収納すると良いでしょう。 (上記画像下記に画像リンクを貼っています。)
場所をとる収納方法となりますが整理収納アドバイザー・ときめき片づけ術で有名なこんまりさんもオススメしている方法です

色のグラデーションも意識するとさらにトキメキ度がUPするとか!見てすぐどのブラジャーがどこに収納されているのかがわかるので、確かに取り出しやすいです!ブラジャーもしっかり整理収納して、キレイなブラジャーをつけて素敵な日々を過ごしたいですね☆

◆ブラ仕切りケースとキャミ収納ケース


1.キャミ収納ケースはカップ付きのキャミソールでも収納してくれます。可動式の仕切り版なので幅を自由に好きな幅に変える事が出来ます。
2.仕切りタイプは複数タイプがあるのでお好みをチョイスしましょう!

◆ 150円相当ポイントバック ◆収納 下着 チェスト仕切りボックスナチュラリスト【送料無料】【...
価格:1,580円(税込、送料込)