カラダBODY

【歩き方のクセ】今すぐ靴底をチェック!あなたは正しい歩き方?

time 2018年04月13日

2018年04月20日 更新
【歩き方のクセ】今すぐ靴底をチェック!あなたは正しい歩き方?

靴の裏でわかる!?足の疲れやすさの原因。

あなたの足の疲れは正しい歩き方ができていないことが原因かもしれません。

今や、ウォーキング教室という言葉が会話で出てくるほど、正しい歩き方を気にしている人がたくさんいます。
歩き方で人からの見た目も、良くなり。姿勢はもちろん、下半身太りや、O脚、体のゆがみの改善にもつながってきます。

新しい靴を買ったのに、少し時間が経つと同じように靴底が減っていることはありませんか?
また、姿勢も悪くなるため、足や、おしりに脂肪が蓄積されて、からだの痛みの原因になる事もあります!
まずは、正しく歩けているか今はいている靴底をチェックしてみましょう。

健康靴底CHECK!


歩き方のクセや姿勢などのからだのゆがみは靴底にあらわれます。さっそく玄関へ行って自分の靴底の減り方を観察してみましょう。


128725

●理想的な減り方

k0


128721

●外また歩き

O脚がに股に。歩くときに足の指でしっかりと踏ん張る事が出来ないため非常に足が疲れやすくなります。原因は内側の筋肉が弱いため。
少し内側の筋肉を意識して歩いてみましょう。

k1

●内また歩き


内またX脚になっていませんか?脚の外側に負担がかかります。早歩きなどで親指と人差し指でけるようにして歩きましょう。

k2

●つま先に体重がかかっている


外反母趾なりやすい傾向。骨が出っ張ってきていたら要注意なので気を付けましょう。

k3

●ガニ股傾向・(後や真中がすり減っている)


お腹の筋肉が衰えている、アキレス腱が固い。猫背になりがちに!腰痛にもなりやすいです。

k4

●アンバランス


骨盤やからだが歪んでいる可能性大!放置していると悪化するので自ら注意していきましょう。

k5

靴の選び方と紐の結び方。


1番大事なのはサイズです。靴の中で足が動くと踏ん張りがきかずに、バランスが崩れつまずきやすくもなり、足や腰にも影響があります。

試し履きするときはかかと側にとんとんとしてつま先が窮屈ではないか、余っていないかを確認しましょう。
そのあとに靴ひもを締めて歩いてみれば大丈夫です。

知らなかった正しい歩き方


まず、はじめにかかとから着いて歩いているのが正しいを思っている方が多く、街中を見てもまちがった歩き方をしている方がたくさんいます。

そして、膝をのばして着地していると言う事。
膝は伸ばしきらずに、あまり曲げずに歩くのが正しい歩き方になります。

すると、足の裏全体で着地できるようになり。正しい歩行ができるようになり。
足や腰に負担も減ってきて腰痛も改善されている方もたくさんいます。

モデルさんもハイヒールなどでランウェイを歩いていますが、かかとから着けて歩いていると、
つま先部分が着地の時に上を向いてカッコいい歩き方ができません。

ランウェイ等の映像をみてみるのもいいですね。

正しい歩き方ができる方法


歩き方がおかしい人は、基本的に体が硬い、筋肉が極端に弱いとなります。

歩き方で改善できるのは、腕を後ろに振って歩きましょう。案外前には振っているのですが、腕が後ろにまでいっている人は少ないです。
後ろまで腕がいくことで背筋も使うので猫背も改善できてきます。

歩かない日はないので、意識して歩きましょう。

将来にも影響してくるので改善していきましょう。簡単な方法でストレッチをしましょう。
アキレス健が固いと足首が曲がらずつまずきやすくなります。正しく伸ばしましょう。

伸ばしたい方の足を後ろに伸ばします。その際に伸ばす法の足のひざは伸ばしてください。
曲げていると伸びません。
そしてつま先はまっすぐ伸ばす、つま先が斜めに向いていないように気を付けましょう。

タオル運動

タオルの上にあしを座ってのせ、足の指でタオルをつまんで引っ張るようにすると、筋肉がついて歩き方もきれいになっていくでしょう。

まとめ

 


8e6bbf60ebc1d8f71db8092aceb5302f_sみなさんの靴の裏のチェックはいかがでしたか?正しい歩き方をすることで美脚効果はもちろん、ダイエットにも繋がります。

次回は正しい歩き方の方法について書いていきたいとおもっているのでお楽しみにしてくださ~い☆