カラダBODY

目の下のくま(クマ)3つのタイプ【改善方法とグッズ】

time 2017年12月01日

2017年12月02日 更新
目の下のくま(クマ)3つのタイプ【改善方法とグッズ】

目の下のくまについて

クマを解消する3つの裏技
38d0192deaf16a13b44538355ef2a2dc_l目元に現れるクマは3種類(黒クマ・茶クマ・青クマ)があり、原因と解消法もそれぞれ異なります。

クマがあると、顔がぐ~んと老けて見えたり、疲れがたまっているように見えるため鏡を見たときにも気になるパーツではないでしょうか?

せっかくメイクをしても、なぜかスッキリしない・・・もしかして、クマを隠し切れていないのでは!?今回の「からだBODY」ではクレンジング・保湿方法、マッサージ方などお金をかけずにセルフケアでクマを解消する3つの改善方法を紹介します。

まずは自分の目の下に発生しているクマのタイプをサクッとおさらいしましょう。

くまの原因と3つの種類     

黒クマ脂肪のたるみが引き起こす

黒クマ

原因 見分け方 解消法
影と老化(たるみ) ×隠せない コラーゲン・筋トレ(目・表情筋)・保湿

茶クマしみ・くすみ(色素沈着)が引き起こす

茶クマ

原因 見分け方 解消法
シミ・くすみ・色素沈着・乾燥・マスカラ △隠せるが根本改善が必要 クレンジング・アイメイクフリー

青クマ血の巡りが悪いと出現する

青クマ

原因 見分け方 解消法
スマホなどによる眼精疲労寝不足

生活習慣・冷えストレス

○隠せる マッサージ・充分な睡眠・保湿・ホットタオル

目の下のクマをケアするクレンジング


①クレンジング     
クレンジング利用のポイント

肌へのダメージを減らすためには、短い時間がおすすめです。

それに、ゴシゴシと強くこするのはNG!

色素沈着の原因はなんでしょうか?
実はアイメイクのクレンジングが甘いため、色素が内部に入り込むわけではなく「摩擦」(メラニン)が原因です。
また、紫外線でもメラニンは多く発生します。また、たっぷりと量を多く使うことにより、摩擦がおきにくくなるため、負担が減ります。

メイクの落としにくい場所として挙げられるのは、「目元のメイク」です。
「マスカラ」「アイシャドウ」「つけまつげ」「アイライン」などがこれにあたります。目の周りは皮膚が大変薄いため優しくケアをすることが大切です。

保湿をしっかりと行うポイント


②保湿       
保湿のポイント

洗顔後は肌が乾燥しやすくなっているため、まずは化粧水をつけます。
化粧水だけでは乾燥を促進させてしまうため、この④ステップが重要になってきます。水分の多いものから順番につけていき、油で蓋をするイメージです。

そして、次が美白や、アンチエイジング、シワ対策などの美容液です。
美容液は化粧水に+αのスペシャルケアでなので大量につける必要はありません。また、美容液は目的に合わせて様々な成分で構成されているため、混合しないことも大切です。

次の乳液ですが、乾燥をしやすい目元や口元は重ね塗りをしたり、テカリの気になるTゾーンは少なめにするなど、調節できるとGOOD!
また、乳液と言えども、さっぱりタイプやしっとりタイプなど様々。自分に合った商品を探すことも大切でしょう。

最後のクリームは、化粧水+美容液+乳液が乾燥しないように仕上げとしてつけます。量は、テカリの元になるため少量が良く、それでも気になる場合はティッシュでおさえましょう。

化粧水と、乳液しかつけないという方は、是非1度、スキンケアを見直しされてみては!?ケアすると戻ってくる肌の弾力は嬉しいものです。
毎日、洗顔→化粧水→美容液→乳液→洗顔→化粧水→美容液→乳液→下地→メイク→クレンジングをするのはおっくうだという方には美顔器もオススメです。

エステナードソニックは、化粧水・美容液・乳液・クリーム・さらに化粧下地まで1本でOK(プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸配合)なので時間短縮になります。クレンジングも簡単に出来るため1日5分、エステ気分で継続することができるのも魅力と言えます。

クマのタイプ別コンシーラで見えにくく


③コンシーラー     
クマ別のコンシーラー

コンシーラーには、様々なカラーとタイプ(リキッドタイプ・ペンシルタイプ・スティックタイプ・クリームタイプ)があります。目的に合わせて選ぶことがポイントです。種類によって肌の吸着度が変わってきます。

黒クマはおすすめのコンシーラーはありません。黒クマの原因が「たるみ」のため、コンシーラーを塗る事によってさらにクマを強調させてしまうためです。コンシーラーの代わりにチークやアイメイク、リップなどで目立つパーツを変えるのも1つの方法です。

茶クマにおすすめのコンシーラーはイエロー系です。

青クマにおすすめのコンシーラーはオレンジ系です。青の対照色がオレンジ系となるので、青クマが目立ちにくくなります。

コンシーラーにより、茶クマ、青クマであれば一時的には改善させることが可能です!
ただ、コンシーラーを使用しての「乾燥」や「くずれ」、しっかりと「クレンジング」出来るかというところは

これ以上クマを悪化させないために気をつけるべき点といえるでしょう。
アンチエイジング(老化を遅くする)→肌を整える→化粧ノリもよくなる
一連の流れが必要になるため、長期的にケアを習慣化していくことが1番の課題です。

クマのタイプ別コンシーラー見分け方


黒クマ
コンシーラー:×使うと余計にクマを目立たせることに。アイラインやチーク、リップなどで「目」以外のところを目立たせ、視線をクマから外しましょう。

茶クマ
見分け方:△ファンデーションを塗って隠すことができるが、色素沈着が原因のため根本を改善するにはお肌のケアが必要。
コンシーラー: イエロー系のコンシーラー、明るめのオークル系

青クマ
見分け方:○ファンデーションを塗ると隠すことができる。血行が問題のため、肌の表面には問題はない。
コンシーラー:オレンジ系のコンシーラー