カラダBODY

玉ねぎででダイエット効果!?血液をサラサラにしよう!

time 2018年05月01日

玉ねぎででダイエット効果!?血液をサラサラにしよう!

食べる薬と言われるほど栄養がある野菜の王様玉ねぎ。

玉ねぎを食べると血がキレイになりダイエット効果が!


a16c8451fad603d3c85b82912a5b56c7_s玉ねぎは血液をサラサラにし、血圧もさげてくれ、女性の気になる活性酸素を強力に排除してくれ、動脈硬化が改善されやすいといわれていて、ダイエットに効果があると言われています。
簡単に手に入り、たくさんの食材と組み合わせも可能な玉ねぎさん。
何故ダイエットに効くかと言うと、血液をサラサラにしてくれる事が大きな要因になります。

また、アメリカで発表があり。玉ねぎは動脈予防効果になるとアメリカの心臓協会により発行されている、学術誌に、玉ねぎの成分であるケルセチンに動脈硬化改善作用が認められて発表されました。
盛り付けの時だけでもしやすいのでオススメ。体にとっても重要な、血をサラサラにして巡りをよくしてくれる玉ねぎを紹介します。

脂質(コレステロール、中性脂肪を減らす働きがある)

〆便秘も治りスッキリお腹になるオニオンヨーグルト〆


110611

玉ねぎは、食べやすく低カロリーの食材です。たくさん食べても太らないし、さらに栄養素もたくさん入っているので、腸も整えてくれるし便秘の解消にいいとされ、おつうじがよくなり体重が減少する人もいます。
野菜を食べて栄養も取れてダイエットにも通ずるとして人気の玉ねぎ。

あのお腹が痛くていやな気分の朝をさわやかにしてくれるといいですね。

玉ねぎは善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれのんです。

あまり、玉ねぎを食べないと言う人は、この機会にたまねぎもたべてみるのもいいですね。血液も腸もキレイに保ちましょう。
最高の美は内側からです。
☆オススメのオニオンヨーグルト☆
続ければ半月ほどで体質も変わると言われています。食べ続けていると、お腹が緩くなったりすることもありますが、合わないわけではなく、腸内環境が変化しているからです。あまりに痛い場合や、すぐにトイレに行けない日などは、食べに日をつくってもいいですが、大丈夫そうでしたらそのまま続けたほうがいいでしょう。
折角腸内が変化しているので、無理のない範囲でしましょう。

《作り方簡単4スッテップ》
1.ヨーグルトに玉ねぎを繊維と垂直に薄く切る。
2.30分程放置して辛みをとったら塩を少しかけて馴染ませる。(水につけずに空気中でからみをとる水は栄養素が逃げる為)
3.ヨーグルトを加えて混ぜたら冷蔵庫に入れましょう。
4.一晩冷蔵庫で寝かせれば完成です。

《オニオンヨーグルトの4つの効果》
・便秘解消効果
・ダイエット効果
・免疫力アップ
・美肌効果
無脂肪のヨーグルト大の半分と、玉ねぎは小さいサイズを1玉使うと良いでしょう。1日で食べきらず2~3日にかけて食べて下さい。

〆もっとも効果のある酢玉ねぎ〆


キャプチャ

ためしてガッテンでも紹介された食べ方です。

便秘の方が、酢玉ねぎを実践してか、便秘が解消して2ヶ月で5キロ減量に成功している方もいるようです。もきれいになっていくので、血液サラサラ効果もあるのです。

そうなると相乗効果で肌ツヤまで良くなります。普段から、身近な食べ物なのであきずに食べられるありがたいお野菜です。ダイエット食としても注目とされている酢玉ねぎレシピを紹介しておきます。

※酢玉ねぎの作り方
1晩寝かすといいので前日に作っておきましょう。
▼材料
・玉ねぎ・・・中1個(約200g)
・酢・・・大さじ5(醸造酢かりんご酢どちらでも良い)
・塩・・・少々
・ハチミツ・・・大さじ1.5~2

▼作り方


皮をむいた玉ねぎを薄くスライスし、15分以上そのままにしておく。この時に水にはさらさないようにする。
容器に玉ねぎと酢をいれ、ハチミツをつけくわえれば完成。冷蔵庫に1晩いれておく、2~3日たっても美味しくなるので、1日50gずつぐらい食べると良いでしょう。
1日の玉ねぎ摂取量は50gといわれています。
酢玉ねぎは、料理に付け加えて食べてもいいので。
献立や悩んだ時にさらにオススメ。

玉ねぎを食べた時の体の変化


・不眠症の解消。
・中性脂肪を減らしてくれる。
・便秘解消と痩せやすい体質に変えてくれる。
・お肌のツルツル効果も期待!
玉ねぎを1年間食べて15kgの減量に成功し500mg近い血糖値がわずか1ヶ月で正常化したという結果が出たそうです。

普段の料理にもよく使えるので意識して食べてみましょう。
身体にいいので毎日食べてもいいですが、1日の玉ねぎ摂取量は50gといわれています。玉ねぎ1個が通常200gなので1/4程度で大丈夫です。

玉ねぎに含まれているケルセチン


ケルセチンを摂取することで細胞が酸化するのを抑制し老化を遅らせると言われ、強い抗酸化作用を有する成分です。
玉ねぎの皮の黄色のような茶色は、ケルセチンでもあり。
この作用は血管にも同じ働きをするために、血管の活性化酸素を除き若返りが期待できます。

その他にも、血糖値の低下作用、アレルギーの緩和作用、悪玉コレステロールの酸化抑制。

玉ねぎの特徴を落とさず食べるに方法


まず、玉ねぎを切り方は、繊維にそって包丁を入れましょう。
輪切りや半月切りできれば上手に繊維に沿って切れます

生で食べると辛みもあるので、食べる前に水につける方もいますが、水につけるとケルチンが流出してしまうので、空気中にさらしましょう。(寒い時期は1時間程度、暑い時期は30分程度)トリスルフィドという成分がでて血液をきれいにする成分が出てきます。
自分ができる調理や、食べ方で、血液がサラサラになり、体質改善できるまで、頑張ってやってみましょう。

なぜダイエットには血液をサラサラにする必要があるのか


運動や食べ物を減らしても痩せないのに、運動もしていない人が痩せている場合があります。もちろん食事制限をしている方もいるかもしれませんが、大事なのは血液がサラサラになっている必要があります。

特に冷え症な人は血液がサラサラでない場合が多くあり。血液がドロドロだと運動をしても身体のめぐりが良くなく老廃物が排出されにくいために、すぐに痩せるというとこにいかないのです。年を取ると痩せにくいといわれていますが、血液がドロッとしてきているのかもしれません。健康に痩せれるのが1番よく効果的です。
よい食べ物を食べて、健康的に痩せれることを願っています。