カラダBODY

玉ねぎで血液がサラサラ、ダイエット効果!?

time 2017年12月01日

2017年12月02日 更新

普段の食生活でも身近な野菜の玉ねぎ。

簡単に手に入り、たくさんの食材と組み合わせも可能な玉ねぎさん。
盛り付けの時だけでもいいのでオススメ。
体にとっても重要な、血をサラサラにして巡りをよくしてくれる玉ねぎを紹介します。

玉ねぎを食べると血がキレイに


a16c8451fad603d3c85b82912a5b56c7_s玉ねぎは血液をサラサラにし、血圧もさげてくれ、女性の気になる活性酸素を強力に排除してくれ、動脈硬化が改善されやすいといわれています。

脂質(コレステロール、中性脂肪を減らす働きがある)

〆便秘も治りスッキリお腹に〆


110611

腸も整えてくれるので便秘の解消にいいとされ、おつうじがよくなり体重が減少する人もいます。

あのお腹が痛くていやな気分の朝をさわやかにしてくれるといいですね。

玉ねぎは善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれるんです。

あまり、玉ねぎを食べないと言う人は、この機会にたまねぎもたべてみるのもいいですね。

血液も腸もキレイに保ちましょう。
最高の美は内側からです。

〆もっとも効果のある酢玉ねぎ〆


キャプチャ

ためしてガッテンでも紹介された食べ方です。

便秘の方が、酢玉ねぎを実践し、
便秘が解消して2ヶ月で5キロ減量に成功している方もいるようです。

もきれいになり血液サラサラ効果もあるので

そうなると相乗効果で肌ツヤまで良くなります。

普段から、身近な食べ物なのであきずに食べれる便利なお野菜。
ダイエット食としても注目とされている酢玉ねぎレシピを紹介しておきます。

※酢玉ねぎの作り方

1晩寝かすといいので前日に作っておきましょう。

▼材料
・玉ねぎ・・・中1個(約200g)
・酢・・・大さじ5(醸造酢かりんご酢どちらでも良い)
・塩・・・少々
・ハチミツ・・・大さじ1.5~2

▼作り方


皮をむいた玉ねぎを薄くスライスし、15分以上そのままにしておく。
この時に水にはさらさないようにする。
容器に玉ねぎと酢をいれ、ハチミツをつけくわえれば完成。

冷蔵庫に1晩いれておく、2~3日たっても美味しくなるので、1日50gずつぐらい食べると良いでしょう。

1日の玉ねぎ摂取量は50gといわれています。
酢玉ねぎは、料理に付け加えて食べてもいいので。
献立や悩んだ時にさらにオススメ。

玉ねぎを食べた時の体の変化


・不眠症や
・中性脂肪を減らし
・便秘解消と痩せやすい体質に変えてくれ
・お肌のツルツル効果も期待!

玉ねぎを1年間食べて15kgの減量に成功し
500mg近い血糖値がわずか1ヶ月で正常化したという
結果が出たそうです。

普段の料理にもよく使えるので意識して食べてみましょう。
身体にいいので毎日食べてもいいですが、1日の玉ねぎ摂取量は50gといわれています。

玉ねぎ1個が通常200gなので1/4程度で大丈夫です。