カラダBODY

有酸素運動で失敗しないバストアップの手順

time 2017年12月01日

有酸素運動で失敗しないバストアップの手順

バストアップに合わせた有酸素運動とは?


A何故バストアップに有酸素運動が必要なのでしょうか?

有酸素運動について説明すると、有酸素運動とは比較的に軽い運動で強くない力で運動を長く続ける「体脂肪を減らす運動」です。
それは、血液循環を運動する事により良くすることで、バストに栄養成分が届くようになるからです。

さらに女性ホルモンの分泌も増えるので、運動不足では体内の循環が良くなく、サプリやバストアップに良いといわれている食品をとりいれてもバストに必要な成分が届きにくくなります。
ですから、有酸素運動の様なカラダを動かすことが良いとされています。
体脂肪を減らすための運動ですので、短時間の運動ではなく、平均30分以上の運動をすることで、体内に含まれているエネルギーを消費します。

主にダイエットのための有酸素運動として、ウォーキング・軽いランニング・サイクリング・プールなどがあげられます。

有酸素運動はバストアップにつながるのか?


a0002_011916_m

有酸素運動=ダイエットというイメージが強く、バストアップには程遠いと思われがちで、
ダイエットしてしまってバストも小さくなってしまうとも思われます。

しかし、有酸素運動でもバストアップにも効果的なものがあるのです。
有酸素運動なのにバストアップ?と思う方がたくさんいますが、有酸素運動もバストアップに適した方法です。
ただ注意点として、バストを揺らすようなジョギングや、縄跳びジャンプといった有酸素運動はしないほうがいいです。

バストを揺らしてしまうと、脂肪が燃えやすくなり、胸の脂肪から落ちていき逆効果で、
大事なクーパー靭帯(一度損傷すると治らない)胸のバストを支える靭帯が切れてしまうからです。

クーパー靭帯を守りたい方は→バストアップナイトブラでクーパー靭帯も守ってくれます。
グラビアが胸を揺らして走っている映像等がありますが、あれは撮影用の為真似しないようにしましょう(笑)

バストアップできる有酸素運動とは?


プール ウォーキング有酸素運動のバストアップとして挙げられるのがプールでのウォーキング
これは、体のボディラインを引き締めるだけではなく、バストアップに繋がる大胸筋も付き、バストアップも期待できます。

しかし、激しい有酸素運動をしてしまうとバストアップできなくなるので、適度な動きをするにはプールでのウォーキングが一番適しています。

プールでのウォーキングの仕方


ただプールでウォーキングするだけではバストアップの効果は薄いです。
バストの筋肉をつけるために、手を胸の位置まで持ってきて、拝むポーズで両手を押し合いながら深呼吸して歩くと、効果大です。

他にも有酸素運動でのバストアップ方法は、短いランニングか、30分程度のウォーキングです。
有酸素運動は、やりすぎには注意しましょう。激しくすると有酸素運動ではなくなります。
ダイエットには効果的ですが、やりすぎはバストダウンにもつながります。